2018年11月09日

2019年春夏生地『ゼニア早期受注会』開催のお知らせ!!


2019年春夏生地の『ゼニア早期受注会』を開催させていただきます。

DSC_6737.JPG DSC_6643.JPG

【日時】:11月16日(金)〜 11月25日(日) ※21日(水)は定休日
     (平日 AM10:00〜PM7:00 日曜 祝日AM10:00〜PM6:30)

【特典】:『ゼニア早期受注会』でご注文をいただきましたお客様には『特典』をご用意しております。
(詳しくは、ゼニア早期受注会のページをご覧ください)


【スケジュール】
●受注会で生地を決めていただきます。(11月16日〜25日)
 (採寸・デザイン決めは生地入荷後にさせていただきます)
           ↓
●生地が入荷いたしましたら、ご連絡させていただきます。(来年2月上旬)
           ↓
●ご来店いただき、『採寸・デザイン決め』をさせていただきます。(お客様のご都合のよろしい時に)
           ↓
●お仮縫い付きの場合は、出来上がりまでにもう一度ご来店いただきます。(ご注文より約2週間後)
           ↓
●出来上がりましたらご連絡させていただきます。(仮縫いより約4週間後)
 (仮縫い無しの場合はご注文より約4週間後)
           ↓
●仕立上がりをご確認いただいて、ご納品となります。



ーー【2019年春夏 生地トレンド】ーー
ゼニアが発表した2019年春夏のトレンド情報をご紹介します。

 ●ソラーロ(サンクロス)がトレンドになりそうです。
 ●ネップヤーン、スラブヤーンなど変化のある糸使いが多いです。
 ●ブラウン、グレー、ネイビーのミックストーン、ボルドー、サックス、カーキグリーン、オレンジ等がトレンドカラー。
 ●ストライプやチェックを杢糸で表現、ジャケットは大柄なチェックが多い。
ということです。

コレクションを見てみると、明るめのネイビーが引き続き多いです。ブラウン系のチェック・無地も多く入っています。かすり調の柄出しも新しいトレンドとして収められています。


ーー【コレクションのご紹介】ーー
2019年春夏のゼニアでは多彩なコレクションが用意されています。代表的な素材の特徴をまとめました。

『STILE LIBERO(スティーレリーベロ)』
ハイツイストの糸とライクラを掛け合わせたストレッチ素材です。昨シーズン新しく発表され定番となりました。210g/m 平織り

『TRAVELLER(トラベラー)』
タテ糸に細めの双糸を使用し、きめ細かで美しい表面感が特徴です。またシワも寄りにくく、目付けが250g/mと最も寒い時期を除いて通年で着ていただけます。

DSC_6739.JPG
       TRAVELLER

『HIGH PERFORMANCE(ハイパフォーマンス)』
オーストラリア産スーパーファイン・メリノうーるえお超強撚したシワの寄りにくい定番素材です。ハイパフォーマンスの発売30周年を記念して当時の復刻版が無地のみ発表されています。目付けがあり番手も太く手持ち感があります。

『TROFEO(トロフェオ)』
ゼニアの看板クオリティです。糸の細さはスーパー150レベルで、厳選された良質な糸を使用しています。230g/mと軽量なため、初春から夏にかけてより長い期間の着用が可能です。今シーズン新素材としてリネン混でかすり調のトレンド素材を打ち出しています。

DSC_6740.JPG
       TROFEO

『TROFEO 600(トロフェオ600)』
トロフェオにシルクをブレンドし超軽量化をはかった素材です。生地ウエイトは実に190g/m。生地表面はきめ細かくシルクの上品な光沢があります。トロフェオ600は縦横双糸使いとなっています。

『COOL EFFECT(クールエフェクト)』
ダークカラーでも太陽光を反射し、体感温度を下げてくれる画期的な素材です。生地の染めと仕上げの段階で特別なトリートメント加工を施し、太陽光を反射する生地に仕上げています。またクールエフェクトは縦横双糸使いとなっていますので、パフォーマンスにも優れています。

DSC_6742.JPG
      COOL EFFECT

『HERITAGE(へリテージ)』
ゼニアの保有する1930年代のデザインと風合いを現代風にアレンジし、魅力ある服地に織り上げたコレクションです。1930年代と同じ「Double Twist」「Traditional Finish」を施した素材は、高いシワの回復力も再現しています。

『TROPICAL(トロピカル)』
夏向きの平織り素材です。230g/mと軽量で、サラリとした清涼感と風合いの良さが特徴です。昨シーズンで日本での取扱いが一旦終了しましたが継続することになりました。ゼニアジャパンの担当者からは「KATSURAさんの要望により取扱いを継続しました。」と聞いています。(本当かな?)

DSC_6741.JPG
       TROPICAL

受注会の日程でご都合が合わないお客様は遠慮なくお申し付け下さい。可能な限りご対応させていただきます。

皆様のご来店をお待ちしております。
posted by Tailor KATSURA at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月29日

11月のイベントのお知らせ & オーダースーツ『フランネルフェア』開催のお知らせ!!


ーー11月のイベントのお知らせーー
11月は ”3つのイベント”をご用意しております。

 『フランネルフェア』
     11月2日(金) 〜 11日(日)

 『2019春夏生地 ゼニア早期受注会』
     11月16日(金) 〜 25日(日)
 
 『パターンオーダーシャツ ALBINI(アルビニ)フェア』
     11月17日(土) 〜 12月9日(日)

『2019春夏生地 ゼニア早期受注会』と『ALBINI(アルビニ)フェア』の詳細は後日お知らせさせていただきます。


ーー『フランネルフェア』ーー
7つのブランドを対象にしました『フランネルフェア』を開催させていただきます。

フランネルは流行に左右されないクラシックな素材です。梳毛素材に比べると毛足が長くウォーム感があります。三ツ揃えでお仕立ていただきますと大変暖かいです。フランネルなど紡毛素材は、梳毛に比べ着用時期が短いですが、その分贅沢感・お洒落感を演出することが出来ます。雰囲気のあるフランネルスーツは冬場だけの楽しみでもあります。是非この機会に『フランネルフェア』ご利用いただきたいと思います。


【開催日】:11月2日(金)〜 11月11日(日)

【対象生地】:FOX BROTHERS(英国)
       HARRISONS(英国)
       HARDY MINNIS(英国)
       DRAGO(イタリア)
       葛利毛織(日本)
       MARTIN & SON(英国)
       CANONICO(イタリア)

【特典】:フェア期間中に、対象生地でオーダースーツをご注文いただきましたお客様には、”オーダーシャツ30%OFF券”をご進呈!!


 FOX BROTHERS
DSC_6522.JPG DSC_6523.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥147,300〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥239,100〜(仮縫付き、税込)

 HARRISONS
DSC_6524.JPG DSC_6525.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥164,600〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥256,400〜(仮縫付き、税込)

 HARDY MINNIS
DSC_6526.JPG DSC_6527.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥164,600〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥256,400〜(仮縫付き、税込)

 DRAGO
DSC_6528.JPG DSC_6529.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥109,300〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥201,100〜(仮縫付き、税込)

 葛利毛織
DSC_6530.JPG DSC_6531.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥98,900〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥190,700〜(仮縫付き、税込)

 MARTIN & SON        CANONICO
DSC_6532.JPG DSC_6533.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ   ¥98,900〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥190,700〜(仮縫付き、税込)


期間中ご注文のお仕立て上がりは、12月20日頃から1月上旬頃を予定しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
posted by Tailor KATSURA at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月12日

Edwin Woodhouse『6PLY』のご紹介!!

今日はちょっと珍しい生地をご紹介させていただきます。

Edwin Woodhouse(エドウィンウッドハウス)の『6PLY』490g/mという生地です。

『3PLY』『4PLY』は聞いたことはあるけど「えっ、6PLYって、どんなん?」という感じではないでしょうか。

そこで今日は『6PLY』の糸をほどいて、その仕組みをご説明させていただこうと思います。

まずは生地から1本の糸を抜きます。
引き抜くとこんな状態です。

 DSC_0180.JPG

上の画像は1本の糸に見えますが、
2本の糸を撚って1本にしてあります。
少し撚りを戻してみます。

 DSC_0179.JPG

撚りを戻すと糸がバラけてこんな感じになります。

1本が2本に分かれました。

 DSC_0178.JPG

枝分かれしたこの糸はさらに3本の糸で撚られています。
それでは撚りをほどいてみます。
段々細くなってきて分かりづらいですが、3本の糸が撚られているのがご覧いただけると思います。

 DSC_0177.JPG

これがいわゆる『3PLY』です。

つまり『6PLY』の糸は、細い3本の糸が撚られて1本の糸になり(3PLY)、その糸が2本撚られて太い1本の糸になっています。
3×2=『6PLY』ということになります。

これだけの糸が撚られていますので必然的に生地ウエイトは重たくなり、しっかり感も出てきます。

先日この生地でお客様のジャケットを作らせていただきました。かなりしっかりしたジャケットに仕上がりましたが、”ごつ過ぎて着にくい”という感じではございませんでした。

お客様にも「しっかりしたいいジャケットができた」と喜んでいただきました。

丈夫で長持ち!『6PLY』ジャケットorスーツはいかがでしょうか?

【ブランド】:Edwin Woodhouse(エドウィンウッドハウス)
【コレクション】:『6PLY』
【クオリティ】: WOOL 100% 490g/m
【生産国】:MADE IN ENGLAND
【価格】:シングルスーツお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ ¥154,200(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥246,000(仮縫付き、税込)

     シングルジャケットお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ ¥105,840(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥165,240(仮縫付き、税込)
posted by Tailor KATSURA at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月08日

Super150's ”サヴィルロウ ヤーンカウント”『QZ2』のご紹介!!


今日は、HARDY MINNIS(ハーディーミニス)のコレクション『QZ2』をご紹介させていただきます。

 DSC_0192.JPG

『QZ2』は、大変純度の高いSuper150'sの原毛を使い、サヴィルロウ ヤーンカウントと呼ばれる52/2(ゴーニー双糸)で織り上げられています。

サヴィルロウ ヤーンカウントとは、サヴィルロウのテーラーがその仕立て易さと仕上がりの良さに最も好まれた糸番手を指します。

細い原毛を太目の糸番手で織り上げると、肉厚でありながら、しなやかでふっくらした艶のある生地に仕上がります。また、シワの復元性にも優れています。

バンチの内容はクラシックなストライプ、グレンチャック、バーズアイ、ウインドペーン、無地などで構成されています。

 DSC_0193.JPG

【ブランド】:HARDY MINNIS(ハーディーミニス)
【コレクション】:『QZ2』
【クオリティ】: 100% WOOL Super150's 340-360g/m
【生産国】:MADE IN ENGLAND
【価格】:シングルスーツお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ    ¥185,300(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥277,100(仮縫付き、税込)

ーー『QZ2』の特徴のまとめーー
・純度の高いSuper150'sの原毛を使用
・サヴィルロウ ヤーンカウント 52/2で織り上げられている
・ふっくらモチっとした生地感
・シワの復元性が高い
・生地ウエイト340-360g/m

是非実際の生地で素晴らしい生地感をお確かめいただきたいと思います。
posted by Tailor KATSURA at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月04日

GROVES & LINDLEY『WESTMINSTER 2』(グローブ&リンドレィ/ウエストミンスター2)のご紹介!!

今日はグローブ&リンドレィの『WESTMINSTER2(ウエストミンスター2)』をご紹介させていただきます。

『ウエストミンスター 2』には英国製らしいしっかりとした目付けの生地がコレクションされています。バンチには350-360g/mと320-330g/mの2種類の生地があり、約80種類の色柄がコレクションされています。

今日ご紹介させていただきますのは350-360g/mの生地です。

『ウエストミンスター2』はベーシックな色柄を中心にコレクションされていますが、その中で目に留まった差し色を使ったチェックの生地を仕入れてみました。

 DSC_0144.JPG

 DSC_0145.JPG

生地バンチで見ると一見普通のグレンチェクに見えるのですが、差し色のブルーがベースのグレーとうまくマッチし、生地全体がブルーがかって見えます。(生地から離れるとよくわかります)

派手過ぎない柄と個性のある色目、しっかりと打ち込まれたこの生地は、三ツ揃えで作るといいものができると思います。


ーーGROVES & LINDLEYーー
GROVES & LINDLEY(グローブス&リンドレイ)は50年以上前に、上質なハダスフィールド産の生地を提供する家族経営会社として設立されました。現在はスコフィールド・スミスの傘下に入り、そのマーチャント部門として、フランス、イタリア、ロンドンのサヴィルロウにある一流テーラーなどへ生地を提供しています。伝統的な方法で作られる最高品質のグローブス&リンドレイの全ての生地には、”MADE IN HUDDERSFIELD ENGLAND”の耳がはいっています。
posted by Tailor KATSURA at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2018年09月29日

パターンオーダーシャツ『秋のオプションフェア』開催のお知らせ!!

秋恒例、パターンオーダーシャツ『オプションフェア』を開催させていただきます。

【開催日】:10月6日(土)〜 10月22日(月)
      (10日、17日は定休日)

【特典】:パターンオーダーシャツの『有料オプションを ”3つまで無料” でプレゼント』させていただきます。

例えば、ボタンを白蝶貝に変え、ネームを入れて、スプリットヨークにした場合、通常だとオプション料金が1,000円、500円、1,000円、合計2,500円かかりますが、オプション期間中は無料です!

この他、人気のオプションは、ダブルカフス仕様(500円)、クレリック(1,000円)、共生地ピース(1,000円)などです。

選ばれるオプションにもよりますが、皆さんだいたい2,000円〜3,000円位のオプション代が無料になっている感じです。

ーー手縫い風ボタンホールーー
 今回のオプションフェアより、すべてのボタンホールの形状が『手縫い風ボタンホール』に変更になります。従来のホールの両端をカンヌキ止めしたタイプから、ハンドメイドのように端を丸くかがる仕様になります。
 また、下剣ボロが細巻きの三ツ巻仕様に変更になります。これによりコンバーチブル使用でもカフリンクス使用時に生地がねじれなくなります。

仕様変更にともなって高級感が増したパターンオーダーシャツ、是非オプションフェアの機会にお試しいただきたいと思います。


皆様のご来店をお待ちしております。
posted by Tailor KATSURA at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年09月28日

オーダーシャツの『スプリットヨーク』の機能について!!


今日は、シャツのディテールの一つ『スプリットヨーク』について、その機能をご説明させていただきます。

シャツのヨークとは背の上部のパーツです。肩の端から端までの横長のパーツです。
そしてスプリットヨークとは、そのヨークが中央で2枚に分かれていて、生地をバイヤス取り(斜め取り)しているものを言います。

下側がスプリットヨーク仕様のシャツです。

 DSC_0153.JPG

背の中央にタテに縫い目がありますので外観からすぐにわかります。

なぜこんな所に縫い目があるのでしょうか?「縫い目が無く、一枚の方がすっきりしていていいのに・・・」「柄も斜めに歪むし・・・」と思われていた方もおられるかも知れませんね。

でも実は単なる飾りではなく意味があって2枚に分かれているのです。

生地の性質には、タテ・ヨコの正の方向には引っ張っても伸びませんが、斜めの方向に引っ張ると伸びるとう性質があります。この性質を利用して肩回りの着心地を少しでも良くしようというのがスピリットヨークなのです。

クラシックな感じがしてカッコいいからというだけではないのです。

ただ注意していただきたいのは、スプリットヨークの機能を発揮するためにはシャツの内側、外側ともに2枚に分かれていなければいけません。外側はバイアスで伸びようとしているのに内側が正取りだと伸びません。

正取りしたヨークと、バイアス取りしたスプリットヨークを引っ張ってみました。

 DSC_0154.JPG

 DSC_0155.JPG

ともに肩巾が直線距離で44センチありました。

正取りしたヨークはほとんど伸びませんでしたが、バイアス取りしたスプリットヨークは3センチほど伸びました。

この違いを体感としてどれだけ感じることができるかというのは個人差があると思いますが、理論的には楽になっているはずです。

私は肩凝りで肩回りがきついのはダメなので、必ずスプリットヨークにします。

衿型やカフス型、ボタンを選ぶのに比べると地味なディテールではありますが、是非一度作り比べていただきたいと思います。
posted by Tailor KATSURA at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シャツ

2018年09月24日

『ドネガルツイード』でスーツ!!


先日ブログでご紹介させていただきました『モロイ&サンズ』のドネガルツイードを使ったスーツのご注文をいただきました。

 DSC_0132.JPG

 DSC_0133.JPG

「ツイードでスーツ?」と思われた方もおられると思いますが、当店ではツイード素材でスーツやスリーピースを作らせていただくことがよくございます。

ツイード素材でスーツを作るとウーステッドの素材に比べてカジュアルにはなりますが、ベーシックな色目ですとカジュアルになり過ぎるということはございません。

ツイード素材のスーツやスリーピースの利点として、単品でもお使いいただく事ができるというメリットがございます。

たとえば、スリーピースでお作りいただいて、上着とベストをフラノ素材のパンツに合わせたり、ジーンズに合わせたリするのもいいと思います。また合いの季節にはカジュアルにベストだけ羽織ったり・・・と色々な着方をお楽しみいただけます。

出来上がりはインスタグラムでご紹介させていただきますのでよろしければご覧ください。
posted by Tailor KATSURA at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年09月13日

CARLO BARBERA『CREAM FLANNEL』(カルロバルベラ・クリームフランネル)のご紹介!!


今日はカルロバルベラの『クリームフランネル』をご紹介させていただきます。

   DSC_0122.JPG

クリームフランネル・・・何だか柔らかそうなネーミングですね!

通常「フランネル」というと起毛していてややカサカサとしていますが、カルロバルベラの『クリームフランネル』は名前通り、きめの細かいクリームのように肌さわりが特徴のフランネルです。

『フォックスフランネル』などと比べるとかなりしなやかです。しかし、ウール100%でしっかりと織られており生地ウエイトも320g/mありますので寒さをしのぐにも十分な生地感があります。

硬めのフランネルだと「チクチクする」という方もおられますが、この『クリームフランネル』だと肌のデリケートな方でも大丈夫だと思います。

【ブランド】:CARLO BARBERA(カルロバルベラ)
【コレクション】:『CREAM FLANNEL』
【クオリティ】: WOOL 100% 320g/m
【生産国】:MADE IN ITALY
【価格】:シングルスーツお仕立て上がり
     ス・ミズーラ ¥119,700(仮縫無し、税込)
     ハンドメイド仕立て ¥211,500(仮縫付き、税込)

 DSC_0116.JPG

 DSC_0117.JPG

 DSC_0118.JPG

 DSC_0119.JPG

 DSC_0120.JPG

 DSC_0121.JPG

このほかのブランドのフランネルも多数ご用意しておりますので、どうぞ触り比べてみてください。
posted by Tailor KATSURA at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年09月10日

ドネガルツイード『Molloy & Sons(モロイ&サンズ)』のご紹介!!


今日はドネガルツイード(ドニゴールツイード)『モロイ&サンズ』をご紹介させていただきます。

   DSC_0104.JPG

『モロイ&サンズ』は6世代で受け継がれ、数少ない本物のドネガルツイードを作るテキスタイルメーカーの一つです。『モロイ&サンズ』のドネガルツイードは色・美しさ・品質に重きを置き、本物のツイードを作り続けています。

ドネガルツイードの特徴はアイルランドの素朴な自然を表現するかのように、複雑な色の組み合わせやトーンで、他には見られないツイードコレクションになっています。

この他にツイードの代表的な素材としてハリスツイードがございますが、ハリスツイードとはまた違った味があります。色の付いたカラードネップが特徴で、素朴さを感じさせくれます。

 DSC_0099.JPG

 DSC_0100.JPG

 DSC_0101.JPG

 DSC_0102.JPG

 DSC_0103.JPG

【ブランド】:MOLLOY & SONS(モロイ&サンズ)
【コレクション】:『DONEGAL』
【クオリティ】: WOOL 100% 390g/m
【生産国】:MADE IN IRELAND
【価格】:シングルジャケットお仕立て上がり
     ス・ミズーラ ¥90,720(仮縫無し、税込)
     ハンドメイド仕立て ¥150,120(仮縫付き、税込)

是非ご覧ください。
posted by Tailor KATSURA at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報