2018年04月29日

生地のウエイトについて Part.2!!


前回の最後に「『g/u』で表記されている場合、その数値を1.5倍すればほぼ『g/m』の重さになります。」と書かせていただきました。

今回はまずそのことについてご説明させていただきます。

通常紳士服地はダブル巾といって1.5m前後の巾があります。お店では生地は畳んで置いてある場合が多いですが、それを広げると1.5mくらいの巾があります。生地によっては少し広いものや狭いものもありますが、だいたい1.5m位です。

この1.5m巾がある生地の1m分の面積を計算すると、1.5m巾×1m=1.5u となります。
『g/m』で表記されている生地の重さは、1.5u分の重さということになります。

一方『g/u』は、生地巾は無視して、1m×1m=1u分の生地の重さを表記しています。ですので『g/u』で表記されているものを『g/m』に換算するには1.5倍しなければいけないことになります。

少しややこしかったですね。

ではこれから先は一般的な『g/m』で話を進めます。

『g/m』は”生地の1mの重さ”であると先程説明しましたが、実は生地巾というのはメーカー(織機)によって違いがあります。狭い生地だと145cmくらい、広い生地ですと160cm近いこともあります。

言い換えますと、『生地ウエイト』の比較は、生地巾の違う生地の1mの重さを比べているということになります。

例えば、生地ウエイトが同じで、生地巾が違うの三種類の生地があったとします。(生地ウエイトは同じ250g/m、巾がⓐ1.45m巾、ⓑ1.50m巾、ⓒ1.60m巾の3種類)

面積と重さの関係は以下のようになります。
ⓐ1.45m巾×1m=1.45uで250g/m
ⓑ1.5m巾×1m=1.5uで250g/m
ⓒ1.6m巾×1m=1.6uで250g/m

これをⓑの1.5uを基準とし、ⓐとⓒを同じ面積に換算し直すと、
ⓐ1.5÷1.45×250=257g/m
ⓑ250g/mのそのまま
ⓒ1.5÷1.6×250=232g/m
となります。

ややこしいですね・・・汗

同じ250g/mの生地でも巾を揃えて計算し直すと上述のようになります。お店でそこまでチェックすることはないと思いますが、厳密に言うとそういうことになります。

似た生地で生地ウエイトも同じなのに触ってみると、どうも厚さが違うように感じるといった時は生地巾が影響しているのかもしれません。

長くなりましたので(計算もあったし・・・笑)、今日はここで終わらせていただきます。

次回は『生地ウエイトと着用シーズンの目安』について書かせていただきます。
posted by Tailor KATSURA at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年04月26日

生地のウエイトについて Part.1!!

最近、お客様から「この生地は何グラムですか?」と『生地ウエイト』について尋ねられることが増えてきました。

皆さんはこの『生地ウエイト』という言葉を聞かれたことがありますか?

『生地ウエイト』とは生地の重さのことなのですが、これを知り、ご自身のデータとして蓄積していくと、生地選びの際の参考になり、よりお好みに合った生地選びが可能になります。

そこでこの『生地ウエイト』について、3回のブログに分けて少し詳しくご説明させていただこうと思います。

少しややこしいところもありますが、どうぞご参考にされてください!

それでは先ず最初に『生地ウエイト』とはいった何なのかをご説明させていただきます。

お店で生地バンチをご覧になられると、生地品番が印刷されたシールが貼ってあると思います。
そしてそこには、WOOL100%とか、made in Italy、 250g、といった生地の情報が書かれてあります。
このなかで『○○○g』と書いてあるのが『生地ウエイト』のことです。

紳士服地でいう『生地ウエイト』とは、生地1m当たりの重さのことです。
数値が大きくなるほど生地は重くなり厚くなります。

例えば、200g/mの生地よりも300g/mの生地の方が「重く厚みがある」ということになります。

実はこの『生地ウエイト』には2種類の単位があります。
『g/m』と『g/u』です。

 DSC_0095.JPG 

 DSC_0099.JPG

『g/m』は、1m当たりの生地の重さ、
『g/u』は、1u当たりの生地の重さです。

ほとんどの生地では1mの重さである『g/m』で表記されていますが、リネンなどの素材は『g/u』を使う場合がありますので気を付けて下さい。同じ生地でも『g/m』と『g/u』では数値が大きく違ってきます。

『g/u』で表記されている場合、その数値を1.5倍すればほぼ『g/m』の重さになります。

この続きは、次回で詳しくご説明させていただきます。計算が出てきて少しややこしいですがご覧になって下さいね!
posted by Tailor KATSURA at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年04月19日

パターンオーダーシャツ、リネン混素材のご提案!!


これからの季節、少しカジュアルなシャツをお考えの方もおられると思います。

デザインで変えるか、素材で変えるか、悩むところですね。

素材を変えるにしても「麻素材だとシワもよく寄るしカジュアルになり過ぎるのでは・・・」と麻素材に抵抗を感じておられる方もおられると思います。

そこで、今回ご提案させていただきますのは、見た目に涼しく、カジュアル感も出せる『コットン57% リネン(麻)43%』という素材です。

 DSC_0089.JPG

 DSC_0090.JPG

コットンが57%入っていますので、リネン100%のようにクタクタになるほどシワは寄りません。また、見た目には麻の質感が出ていますので涼しげです!

ーー今回ご紹介の素材ーー
【メーカー】:カンクリーニ
【素材】:Cotton57% Linen43%
【色】:4色
【価格】:¥19,000+税

フルオーダーシャツの素材にも涼しい素材が揃っておりますので是非ご覧下さい。
posted by Tailor KATSURA at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シャツ