2018年10月29日

11月のイベントのお知らせ & オーダースーツ『フランネルフェア』開催のお知らせ!!


ーー11月のイベントのお知らせーー
11月は ”3つのイベント”をご用意しております。

 『フランネルフェア』
     11月2日(金) 〜 11日(日)

 『2019春夏生地 ゼニア早期受注会』
     11月16日(金) 〜 25日(日)
 
 『パターンオーダーシャツ ALBINI(アルビニ)フェア』
     11月17日(土) 〜 12月9日(日)

『2019春夏生地 ゼニア早期受注会』と『ALBINI(アルビニ)フェア』の詳細は後日お知らせさせていただきます。


ーー『フランネルフェア』ーー
7つのブランドを対象にしました『フランネルフェア』を開催させていただきます。

フランネルは流行に左右されないクラシックな素材です。梳毛素材に比べると毛足が長くウォーム感があります。三ツ揃えでお仕立ていただきますと大変暖かいです。フランネルなど紡毛素材は、梳毛に比べ着用時期が短いですが、その分贅沢感・お洒落感を演出することが出来ます。雰囲気のあるフランネルスーツは冬場だけの楽しみでもあります。是非この機会に『フランネルフェア』ご利用いただきたいと思います。


【開催日】:11月2日(金)〜 11月11日(日)

【対象生地】:FOX BROTHERS(英国)
       HARRISONS(英国)
       HARDY MINNIS(英国)
       DRAGO(イタリア)
       葛利毛織(日本)
       MARTIN & SON(英国)
       CANONICO(イタリア)

【特典】:フェア期間中に、対象生地でオーダースーツをご注文いただきましたお客様には、”オーダーシャツ30%OFF券”をご進呈!!


 FOX BROTHERS
DSC_6522.JPG DSC_6523.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥147,300〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥239,100〜(仮縫付き、税込)

 HARRISONS
DSC_6524.JPG DSC_6525.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥164,600〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥256,400〜(仮縫付き、税込)

 HARDY MINNIS
DSC_6526.JPG DSC_6527.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥164,600〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥256,400〜(仮縫付き、税込)

 DRAGO
DSC_6528.JPG DSC_6529.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥109,300〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥201,100〜(仮縫付き、税込)

 葛利毛織
DSC_6530.JPG DSC_6531.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ    ¥98,900〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥190,700〜(仮縫付き、税込)

 MARTIN & SON        CANONICO
DSC_6532.JPG DSC_6533.JPG
 【シングルスーツお仕立て上がり】
     ・ス・ミズーラ   ¥98,900〜(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥190,700〜(仮縫付き、税込)


期間中ご注文のお仕立て上がりは、12月20日頃から1月上旬頃を予定しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
posted by Tailor KATSURA at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月12日

Edwin Woodhouse『6PLY』のご紹介!!

今日はちょっと珍しい生地をご紹介させていただきます。

Edwin Woodhouse(エドウィンウッドハウス)の『6PLY』490g/mという生地です。

『3PLY』『4PLY』は聞いたことはあるけど「えっ、6PLYって、どんなん?」という感じではないでしょうか。

そこで今日は『6PLY』の糸をほどいて、その仕組みをご説明させていただこうと思います。

まずは生地から1本の糸を抜きます。
引き抜くとこんな状態です。

 DSC_0180.JPG

上の画像は1本の糸に見えますが、
2本の糸を撚って1本にしてあります。
少し撚りを戻してみます。

 DSC_0179.JPG

撚りを戻すと糸がバラけてこんな感じになります。

1本が2本に分かれました。

 DSC_0178.JPG

枝分かれしたこの糸はさらに3本の糸で撚られています。
それでは撚りをほどいてみます。
段々細くなってきて分かりづらいですが、3本の糸が撚られているのがご覧いただけると思います。

 DSC_0177.JPG

これがいわゆる『3PLY』です。

つまり『6PLY』の糸は、細い3本の糸が撚られて1本の糸になり(3PLY)、その糸が2本撚られて太い1本の糸になっています。
3×2=『6PLY』ということになります。

これだけの糸が撚られていますので必然的に生地ウエイトは重たくなり、しっかり感も出てきます。

先日この生地でお客様のジャケットを作らせていただきました。かなりしっかりしたジャケットに仕上がりましたが、”ごつ過ぎて着にくい”という感じではございませんでした。

お客様にも「しっかりしたいいジャケットができた」と喜んでいただきました。

丈夫で長持ち!『6PLY』ジャケットorスーツはいかがでしょうか?

【ブランド】:Edwin Woodhouse(エドウィンウッドハウス)
【コレクション】:『6PLY』
【クオリティ】: WOOL 100% 490g/m
【生産国】:MADE IN ENGLAND
【価格】:シングルスーツお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ ¥154,200(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥246,000(仮縫付き、税込)

     シングルジャケットお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ ¥105,840(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥165,240(仮縫付き、税込)
posted by Tailor KATSURA at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月08日

Super150's ”サヴィルロウ ヤーンカウント”『QZ2』のご紹介!!


今日は、HARDY MINNIS(ハーディーミニス)のコレクション『QZ2』をご紹介させていただきます。

 DSC_0192.JPG

『QZ2』は、大変純度の高いSuper150'sの原毛を使い、サヴィルロウ ヤーンカウントと呼ばれる52/2(ゴーニー双糸)で織り上げられています。

サヴィルロウ ヤーンカウントとは、サヴィルロウのテーラーがその仕立て易さと仕上がりの良さに最も好まれた糸番手を指します。

細い原毛を太目の糸番手で織り上げると、肉厚でありながら、しなやかでふっくらした艶のある生地に仕上がります。また、シワの復元性にも優れています。

バンチの内容はクラシックなストライプ、グレンチャック、バーズアイ、ウインドペーン、無地などで構成されています。

 DSC_0193.JPG

【ブランド】:HARDY MINNIS(ハーディーミニス)
【コレクション】:『QZ2』
【クオリティ】: 100% WOOL Super150's 340-360g/m
【生産国】:MADE IN ENGLAND
【価格】:シングルスーツお仕立て上がり
     ・ス・ミズーラ    ¥185,300(仮縫無し、税込)
     ・ハンドメイド仕立て ¥277,100(仮縫付き、税込)

ーー『QZ2』の特徴のまとめーー
・純度の高いSuper150'sの原毛を使用
・サヴィルロウ ヤーンカウント 52/2で織り上げられている
・ふっくらモチっとした生地感
・シワの復元性が高い
・生地ウエイト340-360g/m

是非実際の生地で素晴らしい生地感をお確かめいただきたいと思います。
posted by Tailor KATSURA at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2018年10月04日

GROVES & LINDLEY『WESTMINSTER 2』(グローブ&リンドレィ/ウエストミンスター2)のご紹介!!

今日はグローブ&リンドレィの『WESTMINSTER2(ウエストミンスター2)』をご紹介させていただきます。

『ウエストミンスター 2』には英国製らしいしっかりとした目付けの生地がコレクションされています。バンチには350-360g/mと320-330g/mの2種類の生地があり、約80種類の色柄がコレクションされています。

今日ご紹介させていただきますのは350-360g/mの生地です。

『ウエストミンスター2』はベーシックな色柄を中心にコレクションされていますが、その中で目に留まった差し色を使ったチェックの生地を仕入れてみました。

 DSC_0144.JPG

 DSC_0145.JPG

生地バンチで見ると一見普通のグレンチェクに見えるのですが、差し色のブルーがベースのグレーとうまくマッチし、生地全体がブルーがかって見えます。(生地から離れるとよくわかります)

派手過ぎない柄と個性のある色目、しっかりと打ち込まれたこの生地は、三ツ揃えで作るといいものができると思います。


ーーGROVES & LINDLEYーー
GROVES & LINDLEY(グローブス&リンドレイ)は50年以上前に、上質なハダスフィールド産の生地を提供する家族経営会社として設立されました。現在はスコフィールド・スミスの傘下に入り、そのマーチャント部門として、フランス、イタリア、ロンドンのサヴィルロウにある一流テーラーなどへ生地を提供しています。伝統的な方法で作られる最高品質のグローブス&リンドレイの全ての生地には、”MADE IN HUDDERSFIELD ENGLAND”の耳がはいっています。
posted by Tailor KATSURA at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介