2021年01月14日

超初心者、反省、そして課題!!


昨日、大阪日本橋にオーディオ機器を見に行きました。

お目当ての商品は、PCオーディオのための『USB DAC』です。

実は私、オーディオは全くのど素人、超初心者です。

『USB DAC』なんて知ったかぶりで書いておりますが、以前は自宅のiMacにヘッドホンを直差しして音楽を聞いておりました。

それで別に音が悪いとか、もっといい音で聴きたいといった欲求もなく、なんの不満も無く聞いておりました。ところがある時『DAC』というオーディオ機器を知ることになります。

「どうやらそれを繋ぐとヘッドホンの音が良くなるらしい・・・」「では一度試してみるか」ということで『DAC』を購入し現在に至っています。

ところがここで終わらないのがこの世界の恐ろしいところです。

オーディオの世界は、関わり方次第では無茶苦茶お金がかかる世界です。非常に奥が深くマニアックな世界でもあります。

私はヘッドホンでしか聴きませんが、スピーカーを鳴らして部屋の作りまで凝りだしたら、うん千万の世界になることもあるそうです(恐ろしい・・・)

今回、日本橋のお店に行く前に、やはり多少の知識がないと伝えたいことも伝わらないと思い、一応下準備をして出かけました。

そしてお店に着いてまず店員さんに「オーディオ超初心者ですので・・・」と店員さんに自分のレベルを伝え、本題に入っていったのですが、それでも話しているうちに店員さんから専門用語が飛び出し、その都度「オーディオ超初心者ですので・・・」という感じの会話となりました。

非常に楽しいひと時だったのですが、その後、色々と反省をすることに・・・

反省内容は、オーディオのことではなく自分自身の日頃についてです。

今回私は、買いたい商品はあるけれど、全く知識がないという状況でした。ですので「オーディオ専門店に行って、しっかりとした知識のある人に話を聞いて納得して商品を買いたい」と思っていました。

しかし、オーディオ専門店って何となく敷居が高そうで、行くことにストレスも感じていました。

「これって、自分の店でも同じことだよなぁ・・・」そう感じ、凹みました。

スーツを初めて作られるお客様は「いいオーダースーツを作りたいけど、作るのが初めてなので知識もないし・・・テーラーって敷居が高そうだし・・・」ときっとストレスを感じていらっしゃると思います。

今回、自分が同じような立場になって改めてそう感じ反省しています。

今年から新店舗での営業となりますので、自分自身もリセットして、オーダースーツを初めて作られるお客様が、お店に行くことにストレスを感じることなく、出来上がりまでの過程を楽しんでいただけるようにするために、今年も「日本一敷居の低いテーラー」を目指して取り組んでまいります。



ちなみに新しい『USB DAC』購入しました!入荷が少し先になるのですが、無茶苦茶楽しみです!

「スーツの出来上がりを待つお客様の気持ちも同じなんだろうなぁ・・・」とまたまた反省です。
posted by Tailor KATSURA at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報