2014年11月14日

コットンパンツ用素材『ストレッチコットン『『コットンフランネル』のご紹介!!

今日は、SONDRIO(ソンドリオ)の『ストレッチコットン』と、『コットンフランネル』をご紹介させていただきます。

以前にも同じジャケットで登場させていただきましたが、今回はコットンパンツでのコーディネイトです。

  2014.11.14-1.jpg
(ス・ミズーラ¥31,500(税込)より)

素材はSONDORIO(ソンドリオ)の『ストレッチコットン』を使用しました。
生地ウエイトは430g/mと肉厚です。生地のタッチは、ロロピアーナのウインターコットンのように少し起毛していて、生地の目がはっきりわかります。

コットン素材で生地の目がはっきりわかる素材、例えばコーデュロイやベルベットなどは並毛と逆毛では色の見え方がかなり違います。逆毛で裁断する方が色が濃く見えます。

このパンツは並毛で仕立てましたので少し白茶けて見えます。

最近は逆毛で裁つことが少なくなりましたが、ベルベットなどはお客様のご意向をお伺いして逆毛で裁断することもあります。

話がそれてしまいましたが、このパンツ、画像では色がグレーに見えますが、現物は少し緑がかっています。パンツの裾巾は19cmと細くしています。

ジャケットはマーチンソンのフランネルで、スリーピースで作った上衣をジャケットとして着ています。ベースのデザインは『クラシコモデル』です。

パンツの丈は少し長めにしていますが、これは私の好みです・・・笑

ウールフランネルのパンツで合わすよりもカジュアル度が増します。

それにしても、ストレッチコットンは楽ですね。一度この味をしめると、抜け出せなくなるかも・・・笑

続いて『コットンフランネル』のご紹介です。

2014.11.14-2.jpg

2014.11.14-3.jpg 2014.11.14-4.jpg

一見ウールのフランネルに見えますがコットン100%です。生地感は非常にソフトで暖かいパンツに仕上がります! 生地ウエイトは360g/mです。

ウールフランネルと違い着用していると着崩れ感がでますので、少しカジュアル感を出したい時には使い勝手がいいと思います。

少々タイト目に作っても着心地が楽な『ストレッチコットン』、暖かさ抜群でウールフランネルより少しカジュアル感が出せる『コットンフランネル』の2点をご紹介させていただきました。
posted by Tailor KATSURA at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105592194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック