2008年04月26日

パターンオーダーシューズ新デザイン登場Part1!!

この度、パターンオーダーシューズに新しく2つのデザインが加わるこことなりました。

今回新しく追加しましたデザインは
・外羽根 3アイレット Vフロント
・内羽根 5アイレット アデレイド
の2型です。

08.04.26.jpg

(上の写真は、以前にブログにも書かせていただきましたが、当店のパターンオーダーシューズ導入に際しご尽力いただきました、当店の顧客でもありアドバイザーでもあるTSさんが書かれたデザイン画と、それを元にサンプル修正を繰り返して出来上がってきた”外羽根 3アイレット Vフロント”、そしてまだ最終修正段階の”内羽根 5アイレット アデレイド”の写真です。デザイン画は、当店のオリジナルの別注デザインを導入する為に、TSさんに展開している木型とのマッチングや店で展開していく全デザインとの商品構成等を検討していただき、サンプル靴製作の指示原案用にTSさんご自身に書いていただきました。)

例によって(笑)新デザインはシリーズでご紹介させていただきたいと思います。(今回は全3部作です・・・笑) ただ、”アデレイド”の最終修正後のサンプル製作は少しだけ遅れております。

実は、今回のご紹介で”アデレイド”と”Vフロント”を同時にご紹介出来る予定だったのですが、”アデレイド”は上記写真の段階から、型紙のデザインを最終数ミリ単位のさらに細かい修正をした為、現在サンプル完成待ちの状態となっています。わずか1ミリ、2ミリのデザイン修正なんですが、靴の場合そのわずかな修正でもバランスや雰囲気が大きく変わってきますので、デザインサンプル作りは気が抜けません。
ビナセーコーさんには無理を言いましたが、さすがわPerffet(完璧)さん、出来るだけ良い物を作りたいという私達の要望に快く答えていただきました。

先に展開しています8型も、デザイン的にはオーソドックスなものが中心ですが、シンプルな物のデザインってほんと難しいですね。

今回の当店別注デザインの立案作成、サンプル修正等に際しては、アドバイザリースタッフのTSさんの全面協力のもと製作監修を進めていただいているのですが、私も初めて靴のデザイン修正に携わり、木型とのデザインバランスのマッチングを3Dで立体的にイメージしながら修正していくのですが、その1ミリ2ミリの細かい修正が、こんなに靴全体の表情を変えるということを知り、大変な驚きを感じていると共に、非常にいい勉強になりました。

そんなシビアで審美眼も要求される靴のデザイン修正ですが、ブログをご覧いただいている皆様にやっと新デザインとしてお披露目出来る時が来ました(ホッ)。

まずは”外羽根 3アイレット Vフロント”の詳しいご紹介を次回のブログでさせていただきたいと思います。お楽しみに(笑)。

”アデレイド”のご紹介は最終修正完成後に詳しくご紹介させていただく予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | シューズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14432557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック