2018年08月12日

恒例『葛利毛織フェア』 & 『DRAGO(ドラゴ)』受注会のご案内!!


恒例『葛利毛織フェア』を8月25日(土)より9月4日(火)まで開催させていただきます。

また今年は新たに、イタリアのファブリックメーカーであります『DRAGO(ドラゴ)』社の受注会を同時に開催させていただきます。

当店では5年ほど前よりドラゴ社の生地を取り扱っておりますが、特典をお付けしての受注会は今回が初めてとなります。

有名生地メーカーにも生地を供給するドラゴ社の生地クオリティには素晴らしいものがあります。特に今回のコレクションの中の高番手(super160’s)コレクションは是非一度ご覧いただきたいイチオシの素材でございます。

まだ『DRAGO(ドラゴ)』社の生地に馴染みがないお客様も多いと思いますので、ドラゴ社の特徴をご紹介させていただきます。(受注会の特典等の詳しい内容は後日ブログでご紹介させていただきます。)

DRAGO(ドラゴ)は、イタリア最大の毛織物産地ビエラを代表する服地メーカーです。糸の紡績から生地までを一貫生産する世界的にも稀なファブリックメーカーです。

ドラゴ社の最大の特色は、スーパー130’S以上の細番手の糸の生産にあります。現在ドラゴ社は、世界におけるスーパー130’S以上の高級細番手糸の約7割を生産しており、イタリア、英国等の多くの有名ファブリックメーカーへ糸を供給しています。

ドラゴ社は、スーツ用の生地としては技術的に困難とされていた世界で最も細いスーパー210’Sの生地を開発・生産しています。

またウールの質感を変えずに防湿、防シワ、撥水効果をこれらの高級生地に施し、従来の高級ウールにはない最新のナノテクノロジーを駆使した生地作りにも取り組んでいます。


葛利毛織のションヘル織機(=低速織機)で織られた膨らみがある生地。高番手を得意とするDRAGO社の生地。対称的な特徴を持つ生地メーカーのコレクションを是非ご覧いただきたいと思います。


『葛利毛織フェア』『DRAGO』受注会の詳細(特典など)は後日ブログでお知らせさせていただきます。

皆様のご来店をお待ちしております。
posted by Tailor KATSURA at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184154295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック