2018年10月04日

GROVES & LINDLEY『WESTMINSTER 2』(グローブ&リンドレィ/ウエストミンスター2)のご紹介!!

今日はグローブ&リンドレィの『WESTMINSTER2(ウエストミンスター2)』をご紹介させていただきます。

『ウエストミンスター 2』には英国製らしいしっかりとした目付けの生地がコレクションされています。バンチには350-360g/mと320-330g/mの2種類の生地があり、約80種類の色柄がコレクションされています。

今日ご紹介させていただきますのは350-360g/mの生地です。

『ウエストミンスター2』はベーシックな色柄を中心にコレクションされていますが、その中で目に留まった差し色を使ったチェックの生地を仕入れてみました。

 DSC_0144.JPG

 DSC_0145.JPG

生地バンチで見ると一見普通のグレンチェクに見えるのですが、差し色のブルーがベースのグレーとうまくマッチし、生地全体がブルーがかって見えます。(生地から離れるとよくわかります)

派手過ぎない柄と個性のある色目、しっかりと打ち込まれたこの生地は、三ツ揃えで作るといいものができると思います。


ーーGROVES & LINDLEYーー
GROVES & LINDLEY(グローブス&リンドレイ)は50年以上前に、上質なハダスフィールド産の生地を提供する家族経営会社として設立されました。現在はスコフィールド・スミスの傘下に入り、そのマーチャント部門として、フランス、イタリア、ロンドンのサヴィルロウにある一流テーラーなどへ生地を提供しています。伝統的な方法で作られる最高品質のグローブス&リンドレイの全ての生地には、”MADE IN HUDDERSFIELD ENGLAND”の耳がはいっています。
posted by Tailor KATSURA at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184594204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック