2019年02月22日

春夏のオシャレな素材、Solaro(ソラーロ)のご紹介!!


先日のブログで、今年の注目素材として「ソラーロ(サンクロス)」をご紹介させていただきました。今日はそのソラーロを、もう少し詳しくご紹介させていただきます。

Solaro(ソラーロ)は、別名Sun Cloth(サン・クロス)と呼ばれる伝統的な綾織りの織物です。

タテ糸とヨコ糸に違う色を使って織るため、見る方向によって玉虫調に見えるところがソラーロの大きな特徴です。表題には「春夏の・・・」書きましたが秋でもご着用いただける素材です。

ただ、色目が独特ですので、ビジネスユースではあまり馴染みのない素材かもしれません。また、ソラーロのことを『洒落者の素材』なんて表現しているのを目することもありますので、「自分にはちょっと無理」と思われている方もおられるのではないでしょうか。

でも実はソラーロには落ち着いた色目もありますので、その辺もご紹介させていただきたいと思います。

ソラーロの代表的な色目は、タテ糸に緑や褐色系の糸を使い、ヨコ糸に赤色系の糸を使ったものです。(下の画像)

DSC_7569.JPG

この色目がソラーロの定番色ですが、メーカーによって色使いが少しずつ違い、赤味が強く見えるもの、緑味が強いもの、ベージュが強いものなど、各社各様、微妙に違いがあり、そこがまたソラーロの色を選ぶ時の楽しさでもあります。

最近、メーカーによっては、ヨコ糸にオレンジやイエロー、パープルといった色糸を使い、伝統的な素材にトレンドを織り込んだ色出しをしています。

こちらの『ロロピアーナ』のソラーロはビジネスでもお召しやすい色目です。

DSC_7572.JPG

例えば、左下の生地は、タテ糸にパープル、ヨコ糸に明るめのネイビーを使いヘリンボーンに織られています。一見無地のライトネイビーに見えますが、見る角度によっては少しパープルがかって見えたりします。

こちらは『DRAGO(ドラゴ・伊)』のソラーロ見本です。

DSC_7571.JPG

『ウイリアム・ハルステッド』の英国製ソラーロです。しっかりした生地感です。

DSC_7573.JPG

『ドラッパーズ(伊)』のソラーロです。

DSC_7570.JPG

『スミス・ウーレン(英)』のソラーロです。こちらもしっかりとした生地感です。

DSC_7574.JPG

伝統的素材でありながら新しさを感じる『ソラーロ』。

是非ご覧いただきたいと思います。
posted by Tailor KATSURA at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185594556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック