2008年08月30日

ちょっと実験してみました!!

前回のブログでご紹介させていただきました私が作ったスーツは合物の生地で作ったのですが、ちょうど盆明けの無茶苦茶暑い日に出来上がってきました。

とてもそのスーツを着用するような気温ではなかったのですが、我慢が出来ず(笑)しっかりネクタイも締めて店の外に出てうろうろしていました。冷房の効いた店内から出た後ということもありますが、なぜか思った程の暑さを感じません。

”?・・・以外と涼しいな・・・”と思いながらしばらく外を歩いていたのですが、ダラダラと汗をかくといったことはありませんでした。
”これってひょっとするとスーツのゆとりのせいかな?”と思い、店に帰って今度は夏物のタイト目のスーツに着替えてもう一度外を歩いてみました(仕事中何をしているのでしょうね・・・笑)。するとどうでしょうか、先程のスーツより暑く感じるのです。

上衣の裏に温度計でもぶら下げて温度を計ればよかったのですが(笑)、体感ではゆとりのある合物のスーツの方が涼しく感じました。

涼しいと言うとちょっと大袈裟なんですが、ゆとりのあるスーツは外の熱が身体に伝わって来ない感じ。タイトなスーツは直接暑さが伝わってくる感じです。そう思いました。

今はタイト目のスーツが主流ですが、来年も猛暑になるようでしたらちょっとスーツにゆとりを入れてみてはいかがでしょうか? 少しは涼しく感じるかも知れませんよ。

お試し下さい!!(笑い)。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18580341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック