2009年03月14日

Cantini(カンティーニ)、Ravazzolo(ラヴァッツォーロ)ネクタイ入荷!!

Cantini(カンティーニ)、Ravazzolo(ラヴァッツォーロ)のネクタイが入荷いたしましたのでご紹介させていただきたいと思います。

共に当店人気のタイです。
カンティーニは、そのしっかりとした作りにファンの方が多いです。
ラヴァッツォーロは、カンティーニに比べると柔らかい作りになっています。

2009.3.14-1.jpg 2009.3.14-2.jpg
(左:カンティーニ  右:ラヴァッツォーロ)

タイの長さと大剣の巾は、
カンティーニが145センチの9センチ、
ラヴァッツォーロが153センチの8.5センチです。

ラヴァッツォーロはしっかり長さがあります。

カンティーニの大剣裏の ”ぼんぼり(タッセル)”かわいいです(笑)。

全体にストライプ柄が中心ですが、ラヴァッツォーロではスーツに合わせやすい、ソリッドやドットを選んでおります。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | お店情報
この記事へのコメント
ペルフェットのパターンオーダーについて


緒方です。
ぜひジョッパーブーツをオーダーできるようにしていただきたいです。
また、ロングノーズの木型も選べるようにしていただきたいです。
よろしくお願いします。
Posted by 緒方 at 2009年03月15日 20:05
緒方です。

総毛芯仕立てと台場仕立てとAMFステッチ有りにすれば、スーツの耐久性は増しますか?

また、どちらのメーカーのsuper100'sウールの生地が丈夫ですか?

よろしくお願いします。

Posted by 緒方 at 2009年03月19日 05:06
緒方さん、こんにちは。パターンオーダーシューズに関するご要望いただきましてありがとうございます。皆様のご要望をすべて形にするのはなかなか難しいですが貴重なご意見賜りました。ありがとうございます。

毛芯と台場、ステッチの中で耐久性に一番関係するのは毛芯であると思います。型くずれという観点からすれば、固い芯の方が型くずれはいたしません。しかし着心地が犠牲になってしまいます。

堅牢度で言えば日本製の生地は検査基準も厳しく高品質です。イタリア製の生地はしなやかなものが多くライトウエイトなものが多いですので、しっかりウエイトのある英国製あたりのほうが分があると思います。
Posted by かつ店 at 2009年03月20日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27581224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック