2007年02月11日

色による錯覚

今日は生地の色目による錯覚について書いてみたいと思います。
今年の春夏のトレンド色の一つにライトグレーがあります。しばらくライトグレーのスーツをつくっていなかったので1着この色でスーツを作ることにしました。
今回選んだ生地は巾広のストロングストライプです。
その生地を使って仮縫いをしている画像と、それより少し太めのワンタックのパンツを着用している画像です。

070211.jpg

070211-2.jpg

この画像を比べてどう思われますか?
ライトグレー地のパンツの方が太く見えませんか?
何度もサイズを確認しましたが指図通りライトグレー地の方が細いのです。しかもこちらはノータックです。

膨張色であるライトグレーはパンツをこんなにも太く見せてしまいます。さらに巾広のストロングストライプが太く見えるのを手伝っていると思います。
細身の方が体型をカバーするのにこの色柄でスーツを作るのはいい案だと思います。ですが、今回はすらっと細く見えるスーツを作るのが目的だったのでパンツサイズをさらに細くすることにしました。

仮縫いでパンツを履いた時、”えー、太いなぁー”が第一声です。しかしサイズはちゃんと細いんですよねぇ。
ライトグレーの生地はほんとズボンを太く、上衣を大きく見せます。

皆さんもこの手の色目でスーツを作られる時は、明るい色は大きく太く見えてしまうということを考慮してサイズ指定されることをお勧めします。
もちろん当店でお作りいただく場合にはこの事はきちっとご説明させていただきます。

かつら
posted by Tailor KATSURA at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | スーツ
この記事へのコメント
全然違いますね!ライトグレーの方が太く見えます。僕もこの春のために明るめのグレーで仕立ててもらおうと思っていたのに・・・考えてしまいました(苦笑)
Posted by ダイスケ at 2007年02月13日 08:51
おはようございます。そんなにがっかりしないでください(笑)ライトグレーのスーツカッコイイですよ!ブログに載したスーツ3月上旬完成予定です。ブログにも載せようと思っていますが出来上がったら見に来て下さいね。
Posted by かつら at 2007年02月13日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3327109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック