2007年06月22日

股下調整

070622.JPG

先日お客様が東京のテーラーで作られたスーツのパンツの直しを預かりました。
シルエットが気に入らないので細くし、あと股下が短いので出して欲しいとの事でした。
裾巾を詰めたら同じ股下でもクッション(たぶり)が増えますが、それでもまだ短いので、出さなければなりませんでした。

このお直しのパンツは裾がダブルになっていますのでシングルよりも残しが少なく、以前に直されたのかわかりませんが、2センチ程でしたので仕方なく生地を継ぎ足して(無地の部分)出しました。

通常では内側でわかりませんので、お客様にも納得していただきましてのお直しとなりました。
posted by Tailor KATSURA at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4451336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック