2007年08月07日

当店のお仕立て説明Part2

今日は、ス・ミズーラではカバーしきれない部分を一から作るカスタムをご説明させていただきます。

<カスタム>
カスタムの縫製はス・ミズーラと同様ファクトリー縫製となります。同じファクトリー縫製であるス・ミズーラとの大きな違いは、カスタムにはベースの型紙が無く、一からお客様一人一人の型紙をお作りするところにあります。

このクラスからは自店併設の裁断室でカッターが型紙を作成いたしますので、縫製までの過程はほぼハンドメイドのフルオーダーと同じになります。ただファクトリーでの縫製を前提とした型紙になっていますので各部のイセの量などはハンドメイド縫製の型紙とは違ってきます。

このカスタムはス・ミズーラで使用しているベースの型紙ではデザイン的、サイズ的に対応出来ない方や、よりオリジナリティのあるスーツをお求めの方で縫製はファクトリー縫製でOKという方にお薦めです。よくある例としましては、お客様が気に入られているスーツや雑誌の写真を参考に型紙をお作りさせていただく、といったかたちです。

ファクトリー縫製でお作りさせていただく場合、お客様のイメージをしっかりお伺いし、ス・ミズーラとカスタムのどちらがベストかご提案させていただいております。

1143.jpg

1144.jpg
(シングルのピーク衿、そしてかなりロープドショルダーのきつい仕様の為、ス・ミズーラの型紙では対応することができませんでしたので、型紙を一から起こすカスタムでお作りしました。)

縫製工賃:¥84.000(税込、仮縫い付)

次回は当店のカスタム・スペシャルクラスのお仕立ての詳しいご説明をさせて頂きます。
posted by Tailor KATSURA at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クラス別お仕立説明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4944126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック