2014年01月06日

新商品ドーメル『iconik(アイコニック)』のご紹介!!

ドーメルの2014年春夏素材に、新しく『iconik(アイコニック)』というシリーズが登場いたします!

   2014.1.6-1.jpg

当店では、昨年のドーメルの新素材『Tecnik(テクニック)』を、日本でいち早くご紹介をさせていただきましたが、今年の新素材『iconik(アイコニック)』もシーズンに先駆けて一足お先にレポートさせていただきます。

実は、すでに私のサイズに合わせた『ハンドメイド仕立のサンプル』が縫い上がっていて、年末には袖を通しました。

2014.1.6-3.jpg 2014.1.6-2.jpg

職人に『できる限り軽く・柔らかく」』という要望を出して縫製してもらい、デザインでは、当店のベーシックスタイルにフロントカットやゴージの角度などに少しアレンジを加えています。

この『iconik(アイコニック)は250g/mと合夏用の素材ですので、本格的な着用はまだ先になりますが、羽織ってみたファーストインプレッションをお伝えしたいと思います。

まず、この素材の第一の特徴としてあげられるのは、『アマデウス』のような光沢感が抑えられているという点です。

『アマデウス』は上品な光沢感が持ち味ですが、着用の機会によっては、その光沢感が適さない場合もございます。お客様からもその点のご指摘を受けており、ドーメルがお客様のご意見を反映して新商品を打ち出したとう経緯がございます。

ですので、私が着用した感じでは「落ち着いた感じ」とうのが第一印象でした。

職人に軽く仕立てもらったということもありますが、着用感は『軽い』です。

風合いは、ベタついた感じはなく ”サラリ” としています。この辺りも『アマデウス』とは違った特徴です。

そして、もう一つの大きな特徴は、『ナチュラルストレッチ』による快適な着用感です。スーツがタイト化していますので、ナチュラルストレッチは服にも体にも優しい、うれしい特性です。

また、ドーメル社の生地説明文によりますと、「『iconik』はドーメル社が長年の伝統で培ったフィニッシング加工を施しており、今までにない特別な風合いを兼ね備えている。」とあります。

さらに、「ドーメル社のアイコン服地である『Sportex』『Tonik』に続きその名の通りドーメルの新しいアイコンとして開発された新世代服地です」とあり、ドーメルの新定番素材として位置付けされています。

【iconik】
素材:100% Super120's Australia Wool
ウエイト:250g/m
特徴:マット加工、ナチュラルストレッチ、トレンドを反映したコレクション内容
着用時期(目安):真冬、真夏を除いたシーズン

先日ご案内させていただきました『ロロ・ピアーナ & ドーメル 春夏生地早期受注会』で、『iconik(アイコニック)』のコレクションをご覧いただけます。

お楽しみに!!
posted by Tailor KATSURA at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84679356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック