2011年08月16日

『DRAPERS(ドラッパーズ)』入荷のお知らせ!!

ドラッパーズの生地が入荷してまいりました。

新バンチも取り揃い、全コレクションをご覧頂けます。

2011.8.16-1.jpg

今年の秋冬は、『HOBART(ホーバット)』と『ROYAL CASHMERE(ロイヤルカシミア)』の2つのバンチがリニューアルいたしました。

『HOBART(ホーバット)』はタスマニアンウールの中でも特に上質なメリノウールを使用しています。今コレクションは、トレンドの”杢調カラー”にクラシカルな柄を多数取り揃えています。

2011.8.16-2.jpg 2011.8.16-3.jpg

『ROYAL CASHMERE(ロイヤルカシミア)』にはイタリア製とイギリス製のジャケット素材のコレクションです。
『WOOL 85% CASHMERE 10% SILK 5%』と、『WOOL 90% CASHMERE 10%』の2種類のシリーズがございます。


2011.8.16-4.jpg

下の画像はどちらも『WOOL 85% CASHMERE 10% SILK 5%』です。

見た目は全く違いますが、どちらもブルーと茶のコンビネーションです。

2011.8.16-5.jpg 2011.8.16-6.jpg

ドラッパーズはイタリアのマーチャントです。

コレクションの中には、「すげ〜」という色柄もありますが(笑)、
見ていて楽しいコレクションです。

是非ご覧になって下さい!!

かつ店

ーートップページ画像更新しましたーー

今回使用している生地は『DORMEUIL AMADEUS 365』です。
以前にブログでもご紹介させていただいた素材です。
『 AMADEUS 365』は『AMADEUS』より50g/m軽く、
合いの季節には丁度よい生地感です。
posted by Tailor KATSURA at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年04月12日

SUMMER CASHMERE(サマー カシミア)!!

今日は日本の技術が生み出した、夏用カシミア100%のスーツ素材をご紹介させていただきたいと思います。

『SUMMER CASHMERE(サマー カシミア)』
 : cashmere 100% 245g/m

2011.4.12-1.jpg 2011.4.12-2.jpg

生地メーカーが『サマー カシミア』と銘打って出されたこの商品は、原料にカシミアの中でも最上級の中国内モンゴル産のホワイトカシミアを100%使用しています。

「夏にカシミア100%のスーツ?」と思われた方も多いのではないでしょうか(笑)。

しかしこの『サマー カシミア』は、高温多湿な日本の夏でもカシミアを着ていただきたいというメーカーの思いが作り出した世界で唯一の『サマー カシミア』なのです。

この『サマー カシミア』は、カシミアの糸を強撚することで糸に丸みをもたせ、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の交差する所に気孔を作ります。そうすることにより着用した際、カシミアのヌメリや柔らかさを感じつつも通気性を十分に確保した、上質なカシミア100%のスーツとして着ていただくことができるのです。

カシミア100%ということで気になるお値段ですが(笑)、
当店ス・ミズーラで
シングル上下 ¥172,800(税込み)〜となっております。

実際に生地を触ってみると、意外にサラリとしていて気持ちのいい仕上がりになっています!
「これなら夏でも大丈夫!」という感じです。

モヘア混、シルク混がトレンドの今年の夏素材ですが、
ガラリと趣向を変えて、100%カシミア素材、いかがでしょうか!!

かつ店

ーーご連絡ーー
明日4月13日(第二水曜日)は定休日になっております。
よろしくお願いいたします。
posted by Tailor KATSURA at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年03月08日

ウィリアム・ハルステッド & マーチンソン!!

入荷が遅れておりました『ウィリアム・ハルステッド』と『マーチンソン』のバンチが入荷いたしました。

2011.3.8-1.jpg

このバンチには2011年春夏のハルステッドとマーチンソンの人気主力商品が満載されています。

ハルステッドの新商品であります『ツイル(TWILL)』織りの商品も入っていますよ!

内容はハルステッドが5シリーズ、マーチンソンが2シリーズで以下の通りです。

ウィリアム・ハルステッド(William Halstead)
・3PLY MOHAIR 45% / WOOL55% 380g/m
・2PLY MOHAIR 27% / WOOL 73% 330g/m
・New!TWILL / KID MOHAIR 24% / WOOL 76% 330g/m
・ソラーロ / WOOL 100% 330g/m
・KID MOHAIR 60% / WOOL 40% 240-260g/m

マーチンソン(Martin Sons)
・Fresco 3PLY / WOOL 100% 450g/m
・Fresco 2PLY / WOOL 100% 280g/m

2011.3.8-2.jpg
(左:ハルステッド3PLY、右:同じく2PLY)

2011.3.8-3.jpg
(新商品のツイルです)

2011.3.8-4.jpg
(左:マーチンソン/フレスコ3PLY、右:同じく2PLY)

お値段はス・ミズーラで10万円前後からお作りいただけます!!

ちなみに当店HPトップヘージの上衣の画像は『KID MOHAIR 60% / WOOL 40% 240-260g/m』を使用しています。(ス・ミズーラ/ブリティッシュ・モデル)

英国生地のガッツリ系、モヘア混がお好きな方には、見逃せないバンチだと思います。

またこの手の生地はあれこれ説明するより、実際に触って揉んで(笑)いただくのが一番だと思います。

お待ちしております。

かつ店

ーーお知らせーー
明日第2水曜日は定休日となっております。
宜しくお願いいたします。
posted by Tailor KATSURA at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年02月15日

DORMEUIL『 AMADEUS 365』(ドーメル『アマデウス365』)のご紹介!!

今日はドーメル社の2011年の新作、『アマデウス365』をご紹介させていただきたいと思います。

名前に”365”とありますように、この生地のコンセプトはオール・イヤー・アラウンド、つまり「一年中(=365日)シーズンを問わず着ていただける」というものです。

2011.2.15-1.jpg 2011.2.15-2.jpg
(見開きのバンチ、100柄以上のコレクションです。見応えあります!)

従来の『 アマデウス』のウエイトはは310g/mありましたが、この『アマデウス365』はヨコ糸を細くすることにより260g/mと軽量化されています。

『 アマデウス』は秋冬用、『アマデウス365』は通年着用可能というのがドーメル社の位置づけです。

この『アマデウス365』は、『 アマデウス』と同じく、厳選された原毛と英国独自のしっかりとした打ち込み、そして仕上げによる重厚な光沢が特徴です。

ただ、昨年の酷暑、今年の寒い冬を考えると、日本において一年365日着用可能かと言うと、正直きついです。(私もそうですが、寒がり、暑がりの方には・・・笑)
ですので個人差はあると思いますが、真夏・真冬を除いた一年の2/3位が目安ではないかと思います。

しかし、それを差し引いてもアマデウスをベースに適度に流行色も取り入れ、ドーメルらしさを出した『アマデウス365』、とても魅力的なコレクションです。

是非ご覧になって下さい。

かつ店

ーー 追伸 ーー
皆さんお気付きだったでしょうか?
久々にトップページのスーツの画像を入れ替えました(笑)。
モデルはス・ミズーラのブリティッシュ・モデルです。
生地はウイリアム・ハルステッドのモヘア60%/ウール40%です。
昨年人気がありました。
今年も継続しています。
posted by Tailor KATSURA at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年02月07日

『Ermenegild Zegna S/S2011 COLLECTION』トピック!!

ゼニアの今年の春夏素材のトピックをご紹介させていただきたいと思います。

今年のゼニアは、昨年好評でした『COOL EFFECT(クール・エフェクト)』の『SUN REFRECTING』加工を他の素材にも広げ、春夏をより快適に過ごしていただけるコレクションになっております。

一つには『HIGH PERFORMANCE COOL EFFECT(ハイ・パフォーマンス クール・エフェクト)』です。
オーストラリア産スーパーファイン・メリノウールを強撚した定番素材『ハイ・パフォーマンス』はゼニアの春夏コレクションの中で、より盛夏向けの素材ですが、その特徴である”優れた回復性”と”サラリとした生地感”に『クール・エフェクト』加工が施され、より快適に、高温多湿な日本の夏を過ごしていただける生地に仕上がっています。

この『ハイ・パフォーマンス クール・エフェクト』は当店の早期受注会において人気に高く、夏用の生地に求められる性能が詰まった素材として、お客様の評価と期待が強く感じられました。

もう一つの素材が『SOLTEX COOL EFFECT(ソルテックス クール・エフェクト)』です。
”ドライなタッチ”と”光沢感”が特徴の『ソルテックス』にも『クール・エフェクト』加工が施されました。その生地性能から夏場のフォーマルシーンなどに最適です。

また昨年スタートしました本家本元(笑)『クール・エフェクト』は無地、チェック、ピンストライプなどフォーマルからアクティブなスタイルまでバリエーション豊かなコレクションになっております。

昨年以上に充実したゼニアのコレクション、是非ご覧いただきたいと思います。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年01月26日

HARRISONS / EVOLUTION(ハリソンズ/エヴォリューション)!!

今日はHARRISONS(ハリソンズ)の『 EVOLUTION』(エヴォリューション)シリーズをご紹介させていただきたいと思います。

2011.1.11-1.jpg

このシリーズにはモヘア素材を使った『 The 60's』『The Bond Era 』『The New Era』という3つのタイプの生地がございます。

-- The 60's:3 ply Mohair --
55% WOOL / 45% MOHAIR
340/370gms

2011.1.11-2.jpg 2011.1.11-3.jpg

『3 PLY』というと、ドーメルの『Tonik』やマーチンソンの『Fresco』などございますが、三者三様、それぞれ個性が違います。

例えばウエイトは、
『マーチンソン3PLY』が450g/m、『復刻版トニック』が390g/m、ハリソンズ『The 60's』が340/370g/mと、『The 60's』が一番軽いのですが、生地の張り・コシは非常に強いです。

2011.1.11-11.jpg

画像は『The 60's』のブラックです。光沢感は◎です。

-- The Bond Era --
60% Super 100's WOOL / 40% SUMMER KID MOHAIR
240gms

2011.1.11-5.jpg 2011.1.11-6.jpg

生地4点のうち一番上はバラシアです。光沢感・高級感があり、春夏用のブラック・スーツにとてもいいと思います。

-- The New Era:The World's Finest Mohairs --
100% SUMMER KID MOHAIR
200/220gms

2011.1.11-8.jpg 2011.1.11-9.jpg

『世界最高のモヘア』と謳っています。100% サマー・キッド・モヘアです。身震いしちゃいます! 値段も高いです(ブルッ)。
目をつぶって生地を触ると「えっ、これがモヘア?」って思われるとおもいます。
とにかく柔らかいんです!!

どっちがいい、という問題ではありませんが、3プライ・モヘアとは全く生地感が違います!(当たり前か・・・笑)。

昨年は当店でもモヘア素材は人気がありましたが、作られた方の中には「モヘア、やめられまへんなぁ」と、どっぷりモヘア・ファンの方もおられますよ(笑)。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2011年01月23日

『Loro Piana S/S2011 COLLECTION』 入荷いたしました!!

ロロ・ピアーナの2011年春夏の生地&バンチが入荷して参りましたのでお知らせいたします。

2011.1.23-1.jpg

最初に、ロロ・ピアーナからうれしいお知らせがございます!!

今年の春夏より、『TASMANIAN(タスマニアン)』、『SUMMER TASMANIAN(サマー・タスマニアン)』のウール原毛が『Super130's』から『Super150's』にランクアップされました!!(価格はそのままです!!)

ロロ・ピアーナの春夏の看板商品としてさらに磨きがかかったという感じです。

2011.1.23-2.jpg 2011.1.23-3.jpg

『TASMANIAN(タスマニアン)』は250g/mとオールシーズンお召しいただける商品です。品質においては、高級感、光沢、風合い、どれをとっても一級品です。

『SUMMER TASMANIAN(サマー・タスマニアン)』には10%のシルクが入り、光沢感がいっそう際立ちます。この『サマー・タスマニアン』はロロ・ピアーナが扱うツイル(綾織り)素材の中では最軽量素材となります。

そしてもう一つの話題がございます。

春夏素材の最高級商品として、『SUMMER WISH / 95% Super170's WOOL 5% SILK』が新たに登場いたしました!!

2011.1.23-4.jpg

Super170'sのウール原毛に15デニールのシルクをフィラメントした最高級ラインです。ウエイトは210g/mと初春からお召しいただけるバランスの良いウエイトに仕上がっています。

その他、ジャケット素材も充実しています。

今年のロロ・ピアーナのジャケット・コレクションは、ブラウン、ライト・ネイビー、ブルーといった色が多く使われています。

夏場は敬遠さらがちなブラウンですが、例えば『50% WOOL 25% SILK 25% LINEN』といった素材ではその色の出し方は非常に繊細で軽快なイメージです。

どれをとっても、とっても『イタリアン』な(笑)ロロ・ピアーナの春夏コレクション、是非ご覧いただきたいと思います。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年12月11日

Qiviuk(キヴィアック)でトレンチコート!!

今日はQiviuk(キヴィアック)という素材をご紹介させていただきたいと思います。

「キヴィアック? はじめて聞いたで!」という方も多いのではないでしょうか。

まずはメーカーの素材説明から。

「『キヴィアック』とは、カナダ北極のツンドラ地帯に生息する麝香(じゃこう)牛の産毛の中から選りすぐった、内側のきめ細かい毛を指すイヌイットの言葉です。『キヴィアック』は、世界で最も柔らかく暖かい贅沢な繊維の一つです。
 カナダ北極地方のイヌイットの人々は、この北方で伝統的な「ウミングマック」(彼らの言葉で麝香牛を指し、髭のある者の意)から、これらの美しくきめ細かい産毛を採取します。
 自然との調和に対して強い信念を持つ彼らは、とても注意深く野生の麝香牛の数を管理し、絶滅の恐れの無いように、それらの生存数を確保しています。」以上

イヌイットの人々にとって麝香牛はとても大切な動物であり、しっかり種を守っていっているんですね。

説明文からは、か弱い動物のイメージがするかもしれませんが、見た目はイカツくビックリします!
この動物から「本当に柔らかい毛が取れるの?」と思うくらい見た目がイカツいです!・・・笑

この素材を使ったトレンチコートのご注文をD様にいただきました。

Dさまは何回かご来店になり、生地をご覧になられていたのですが、この生地が頭から離れなくなりご注文をされたということです(笑)。

私はそのイカツい風貌が頭から離れなくなりました(笑)。

冗談はさておき、『キヴィアック』素材のヘリンボーン柄の生地をご覧下さい。

こんな感じです       少しアップで
201.12.11-1.jpg 2010.12.11-2.jpg

さらにアップ!       大アップ!!
2010.12.11-3.jpg 2010.12.11-4.jpg

68% WOOL / 32% QIVIUK 505g/m

イカツい麝香牛の”産毛” → 独特の風合いの素材 → トレンチコート

何だか面白いですね!

まさか麝香牛も「オレ様の産毛がトレンチコートになっている!」とは思っていないでしょうが(笑)。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年12月01日

『Robert NOBLE(ロバート・ノーブル)』のご紹介!!

今日はスコットランドのツイード、『Robert NOBLE(ロバート・ノーブル)』の生地をご紹介させていただきます。

生地は3種類のウエイトがあります。
・310g/m 100% WOOL
・355g/m 96% Wool / 4% CASHMERE
・400g/m 100% WOOL

色柄は全部で28種類です。

ヘリンボーンです。(310g/m 100% WOOL)
2010.12.1-1.jpg 2010.12.1-2.jpg

ウインドウペーンです。(310g/m 100% WOOL)
2010.12.1-3.jpg

チェックです。(310g/m 100% WOOL)
2010.12.1-4.jpg 2010.12.1-5.jpg

ネップです。(355g/m 96% Wool / 4% CASHMERE)
2010.12.1-6.jpg 2010.12.1-7.jpg

2センチ巾のヘリンボーンです。(400g/m 100% WOOL)
2010.12.1-8.jpg

ブロークン・ヘリンボーンにオーバーペーンです。(400g/m 100% WOOL)
2010.12.1-9.jpg

ツイード素材は伝統的な色柄が多く継続して織られていることも多いので、いつの時代でも流行に左右されること無く着ていただける定番的な素材です。

ですので、「今年はどうしようかな・・・来年もあるかな」とご心配の方も大丈夫ですよ!

保存版のブログとして置いておいてください。

とは言ったものの、今年のご注文お待ちしています(笑)!!

かつ店 
posted by Tailor KATSURA at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年09月28日

DONEGAL TWEED 『MAGEE』(ドニゴール・ツイード『マギー』)のご紹介!!

今日は、Made in IRELANDのドニゴール・ツイード『マギー』のコレクションをご紹介させていただきたいと思います。

2010.9.28-1.jpg 2010.9.28-2.jpg

柄自体はごくオーソドックスなツイードの柄ですが、生地のウエイトが小刻みに設定されているのが特徴です。

2010.9.28-3.jpg 2010.9.28-4.jpg

2010.9.28-5.jpg

グラムで言いますと、
390g/mから始まって、420g/m、450g/m、490g/m、550g/m、そして610g/m、さらに何と!660g/mまでのコレクションです。

そしてこの超ヘビー級の660g/mは日本初上陸でもあります!!

この超ヘビー級ツイード、一言で言うと、『ごつい』です(笑)。

2010.9.28-6.jpg
660g/m(カラーネップがかわいいです)

下の二点は610g/mです

2010.9.28-7.jpg 2010.9.28-8.jpg 

お値段は、シングル・ジャケットで
¥75,600〜(ス・ミズーラ、税込み)となります。

微妙な生地感にお応えできるドニゴール・ツイード『マギー』、
いかがでしょうか!!

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年09月06日

ゼニア製裏地、新柄のご紹介!!

この秋冬より、ゼニアの裏地に新柄が登場いたしました。

なんと! ホリゾンタル・ストライプです。

お客様には、「タテ・ストライプじゃないの? ホントにヨコ?」
と言われたりもするのですが(笑)、『本当にヨコ・ストライプ』です。

裏地見本が小さいこともあり、「どんな感じになるんかなぁ?」と皆さん様子見でいらっしゃいますので、今日はお客様が選ばれました『黒ベース』の裏地をご紹介させていただきたいと思います。

2010.9.6-1.jpg 2010.9.6-2.jpg

2010.9.6-3.jpg 2010.9.6-4.jpg
全部で6色展開です。

素材はキュプラ100%です。

いかがですか? 面白い感じではないでしょうか?

裏地選びはどうしても慎重になりがちですが、いつもとは違った感じの裏地を付けると、気分も変わっていいかも知れません。

私なんかは、店に余っている裏地を、余り深く考えずに『派手〜地味』まで何でも付けちゃうのですが(笑)、意外な組み合わせが、意外によかったりすることもあったりします。

いつもよりちょっと冒険して、『裏地で気分転換』、いかがでしょうか!

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年08月07日

INNES CHAMBERS『Midnight Blue』(インネス・チェンバース『ミッドナイト・ブルー』)!!

今日は、先日Y様にご注文をいただきました、インネス・チェンバースの『ミッドナイト・ブルー』の生地をご紹介させていただきたいと思います。

Y様はご結婚式用に、そして普段にも着れるスリーピースをお考えでいらっしゃいました。

いつもはイメージを持たれてきてお作りになるY様なのですが、
今回は「あまり考えていないんです・・・笑」ということでしたので、『ミッドナイト・ブルー』の生地をお勧めさせていただきました。

2010.8.7-1.jpg

その他、チャコールグレー、濃紺、黒などの生地と比較されて、
「この微妙な色がいいですね!」と、インネス・チェンバースの『ミッドナイト・ブルー』の生地をお選びになられました。

よく、「ミッドナイト・ブルーってどんな色ですか?」というご質問を受けます。

ウイリアム・ハルステッドの『スーパーブラック』と並べて撮ってみましたので、ご参考にされて下さい。

2010.8.7-2.jpg

ちなみにY様は、ベストを共生地の他に、シルバーグレーの生地でもう1着お作りになられました。

シルバーグレーのベストを着用すると、ぐっとフォーマル度がアップします!!

ご婚礼シーズンに向けて、シルバーグレーのベスト、オススメです!!

かつ店

posted by Tailor KATSURA at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年08月05日

2010-11 ゼニア秋冬生地 入荷いたしました!!

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)社の、2010-11年秋冬生地のニューコレクションが入荷いたしました。(生地画像・詳細はこちらです

ここ数年、ゼニアのコレクションは『渋め』で統一されておりますが、今秋冬物もその傾向は続いております。

一見おとなしく感じる『色・柄出し』ですが、仕立て上がると程よく存在感があり、大人の落ち着きを感じさせるスーツへと生まれ変わります。

生地の個性を全面に強く打ち出す生地デザインではなく、落ち着いた仕立て上がりを計算された、大人の雰囲気のあるラインナップです。

そこには『着る人が主人公である』といったゼニアの物作りの理念を感じます。

今年で創業100周年を迎えるエルメネジルド・ゼニア社は、100周年を記念して、『TRAVELLER(トラベラー)』と『HERITAGE(ヘリテージ)』に『100周年記念モデル』を出しています。

そのコレクションには『1910 CENTENNIAL 2010』と題された、従来よりも深みのあるワイン色の特別な生地マークが用意されています。

2010.8.5.jpg

また、今年のゼニアの秋冬生地の特徴の一つに、『少し明るめのネイビーボディ』があげられます。

色の出し方はシリーズによって差はありますが、ひと捻りしたネイビーボディにご注目下さい。

生地バンチの入荷は少し先になりますが、ご紹介させていただいた画像の生地は店内にございます。

是非現物をご覧頂きたいと思います。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年08月03日

TARTANS!!

今日は、『HARRISONS(ハリソンズ)』の秋冬用のパンチシリーズの中から、『TARTANS』をご紹介させていたきたいと思います。

『TARTANS』はタータンチェックのシリーズです。
タータンチェックと聞くと、『ブラックウォッチ』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。代表的な柄ですよね。私も大好きな色柄です!!
街中でも、様々な商品にその柄が使われています。

2010.7.21-1.jpg

・・・理由はわからないのですが、『タータンチェック』って、何かホッとする柄で、小さい頃から『タータンチェック』が好きでした・・・何ででしょうね?(笑)

個人的な話はさておき(笑)、
『タータンチェック』には、各々の色柄に名前が付いています。
例えば『ブラックウォッチ』というように。

今日はその、『TARTANS(タータンズ)』の全柄を、どっとご紹介させていただきたいと思います。
(いくつか名前を覚えておくとカッコいいかもしれませんよ・・・笑)

2010.7.21-2.jpg 2010.7.21-3.jpg
左:Thistle        右:Gordon

2010.7.21-4.jpg 2010.7.21-5.jpg
左:Black Watch      右:Purple Watch

2010.7.21-6.jpg 2010.7.21-7.jpg
左:Royal Stewart     右:Black Stewart

2010.7.21-8.jpg 2010.7.21-9.jpg
左:Hunting MacLeod   右:Maple Leaf

2010.7.21-10.jpg 2010.7.21-11.jpg
左:Princess Mary     右:Red Robertson

2010.7.21-12.jpg 2010.7.21-13.jpg
左:Dress Stewart     右:Royal Stewart

2010.7.21-14.jpg 2010.7.21-15.jpg
左:MacDonald      右:Farquharson

2010.7.21-16.jpg 2010.7.21-17.jpg
左:Dress Gordon     右:Lindsay

2010.7.21-18.jpg 2010.7.21-19.jpg
左:Black Watch      右:Brown Watch

2010.7.21-20.jpg 2010.7.21-21.jpg
左:Buchanan       右:Erracht Cameron

2010.7.21-22.jpg
左:Earl Of St.Andrews

いかがでしたか?

よく見かける柄や、知っている名前もあったのではないでしょうか?

先日お客様から聞いた話ですが、街中でジャケット&パンツ上下とも『ブラックウォッチ』で身を固めた方を見かけられたそうです。

上下ともチェック柄はちょっときついかもしれませんが(笑)、ジャケット、パンツ単品はとてもいいと思います。

ジャケットは丈を少し短めにするのもいいですし、パンツはタイトにしたり、裾をフレアーにするのもいいと思います。石川遼ふうのゴルフパンツも良さそうです!

『タータンチェック』、一度チャレンジしてみませんか?

P.S:明日(8/4)ゼニアの生地が入荷いたします。
生地画像は8月5日(木)アップの予定です。
お楽しみに!!

かつ店










posted by Tailor KATSURA at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年06月26日

検証、『COOL MAX』『ICE COTTON』!!

今日は『COOL MAX』・『ICE COTTON』素材のシャツ生地で作りましたオーダーシャツの『着用感』を検証してみたいと思います。

検証しましたのは当店のスタッフです。

検証日時:6月17日、午後2時30分頃〜
検証場所:大阪市中央区心斎橋界隈
天気:快晴
外気温:32度(ヤン坊マー坊天気予報HPより)

検証内容
・『COOL EFFECT(スーツ) + COOL MAX(シャツ)』、『COOL EFFECT(スーツ) + ICE COTTON(シャツ)』の組み合わせで、約15分間心斎橋界隈を練り歩きました(アーケード内は歩かず、早足で歩いてもらいました)。

・出発前にシャツの表面温度を測り、帰店後にシャツの前身と背中(汗をかいている辺り)の温度を計測いたしました。

・上着を脱いでシャツ一枚での検証も行いました。

出発前に測ったシャツの表面温度は、

2010.6.26-1.jpg 2010.6.26-4jpg.jpg

・『COOL MAX』(画像左)は29.7度
・『ICE COTTON』(画像右)は30.1度
となっています。

帰店時のシャツ表面温度です。

2010.6.26-2.jpg 2010.6.26-3.jpg

・『COOL MAX』の前身/29.8度、背中/30.0度

2010.6.26-5.jpg 2010.6.26-6.jpg

・『ICE COTTON』の前身/32.2度、背中/30.6度
という数値になりました。

『COOL MAX』の表面温度があまり上がっていないことに注目です!

次に、数値では表せない『着用感』をレポートいたします。

生地を触った感じでは、『COOL MAX』・『ICE COTTON』ともに綿100%のシャツと特に違いを感じません。
触ったとたんに「冷たー」ということはありません。(そんなシャツ着てたら風邪をひいてしまいますね・・・笑)

では実際素肌に着用してみますと、『COOL MAX』はごく普通の感じなのですが、『ICE COTTON』は、「んっ、何か涼しく感じるぞ!」とひんやり感があります。

『ICE COTTON』の素材の特徴であるシャリ感が、涼しく感じさせているのかも知れません。
ツイルなどではその生地感がウォーム感につながってしまうのと逆の感じです。

さて、炎天下の心斎橋を歩き始めると(意識的に早く歩いてもらいました)、さすがに汗をかいてきます。

前回のブログでご紹介させていただきましたように、確実に『COOL EFFECT』には生地の表面温度を下げ、上着の内側の温度も下げる効果があるのですが、上着の内側の熱のこもりは避けれません。

少し汗をかき始めたタイミングで、今度は上着を脱いで『COOL MAX』素材のシャツに直射光をあてて検証し始めました。
すると、
「あれ、なんか涼しくなってきた感じが・・・」
上着を脱いだ涼しさとは別にプラスα涼しくなっていく感覚があります。
シャツの表面を触ってみても、サラッとしていて、直射光があたっている割には余り熱さを感じません。

『ICE COTTON』も同様に試してみましたが、『COOL MAX』のような感じはありませんでした。

これは『COOL MAX』素材の特徴である『速乾性』によるものではないかと思います。

シャツの汗が蒸発(速乾)する時に生地の熱を奪って蒸発しているのではないでしょうか?(かつ店の想像です)

上着を着ていても速乾性の効果はあると思いますが、上着を脱ぐことによってより速乾性の効果が高められ、そう感じたのではないかと思います。風邪が吹いてくるとさらに効果が高まります。

検証の結果をまとめてみますと、
・『COOL EFFECT』は生地表面の温度を下げ、その結果上着の内側の温度を下げてくれます。上着ばかりに気がいっていましたが、以外にパンツがサラッといい感じです(オススメ!)。

・『COOL MAX』には確かに速乾性があります。汗を素早く乾かす効果があります。ベタつきにくいのでサラッと感があり涼しく感じさせてくれます。

・『ICE COTTON』はシャリ感があり、そのドライなタッチが涼しさを感じさせてくれます。

以上、当店スタッフが実際に着用し『体感』した感想です。

残念ながら現段階では、『炎天下のもと、タイドアップしても、汗ひとつかかず快適に過ごせる』なんて言うスーツやシャツは存在しません。しかし各アイテムのこうした新素材の開発により、確実に快適になっていることは間違いありません。

いつの日か、真夏でも、快適に過ごすことができるスーツスタイルをご提案できること夢見て、今回のレポートを終らさせていただきたいと思います。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年06月17日

検証、『ゼニア・COOL EFFECT』!!

早いもので、沖縄での『COOL EFFECT』の体感実験から2ヶ月が経ちました。
あの時は・・・気候が悪く・・・パッとしたご報告が出来ませんでした(謝)。

大阪の気温も、日中30度を超えるようになり、実験をするには十分な気温になってきました。

しかし大阪も梅雨入りし、なかなか実験日和の日がありません。

ところが今日は梅雨というのを忘れてしまいそうな快晴!
「この日を逃せん!」
ということで、急きょ本日『COOL EFFECT』と、シャツ生地『COOL MAX』『ICE COTTON』の検証を敢行いたしました!!

今日はまず、『ゼニア・COOL EFFECT』の検証結果をご報告させていただたいと思います。ちょっと長いですが(笑)お付き合いよろしくお願いします。

前回の沖縄実験後、お客様に「あの温度計じゃ、正確に測れんやろ」と忠告を受け、
今回新たに、『触れずに測れる温度計』なるものを購入いたしました。
(棒温度計も使いますけどね・・・笑)

2010.6.17-1.jpg

この温度計を使うと、『ピィピィッ』とやるだけで、簡単に生地の表面温度が測れます。
(こんなのがあったんですね。何でも測れて面白いですよ!)

それではまずは、今回の実験にエントリーするスーツ生地をご紹介させていただきます。

:

左より
1.『ゼニア・COOL EFFECT』(明るいブルーです)
2.『ゼニア・TROPICAL』(1.より少し濃い色目です)
3.『ゼニア・COOL EFFECT』(濃紺です)
4.『ゼニア・SOLTEX』(チャコールグレーです)

『1と2』は明るめの生地での比較、『3と4』は濃いめの生地での比較という意味で4点エントリーしています。

まずは実験前に、室内で各スーツの表面温度がいったいどのくらいあるのか測ってみました。

2010.6.17-2.jpg 2010.6.17-4.jpg

2010.6.17-5.jpg 2010.6.17-6.jpg

置いてある場所がバラバラでしたので、最初測った時は表面温度が違っていたのですが、しばらく置いておくと、ご覧の通り全て表面温度が同じになりました。

いよいよ実験開始です。

実験は午後2時から、弊社屋上で行いました。(店は他のスタッフに任せて一人汗をかきかき・・・)

外気温は32度(ヤン坊マー坊天気予報のHPより)

上着を並べて天日干し状態にします。

2010.6.17-7.jpg

屋上の床を測ってみると50.2度ありました。(何でも『ピィピィッ』です・・・笑)

2010.6.17-8.jpg

右から2点は、上着の内側に『棒温度計』を忍ばせてあります。

20分ほど放置して、表面温度を『ピィピィッ』とすると、

2010.6.17-9.jpg 2010.6.17-10.jpg

2010.6.17-11.jpg 2010.6.17-12.jpg

外気温よりスーツの表面温度は10〜20度高くなっています。

そして『1と2』で7.8度差、『3と4』で6.1度差という結果がでました。

当店の実験では、ゼニアが言う「10度表面温度を下げる」というところまでは差がでませんでしたが、確実に『COOL EFFECT』の方が表面温度が低いという結果となりました。

また、生地の色目による温度差が予想より大きかったのには驚きました。
やはりダークスーツの方が表面温度が高いんですね。(当たり前か・・・笑)

なかでも、4番の濃紺の『COOL EFFECT』が、色の薄い2番の『TROPICAL』よりも表面温度が3度近くも低かったのはすごいことだと思います。

色の濃さは違いますが、1番の『色の薄いCOOL EFFECT』と4番の『色の濃いSOLTEX』とでは10度以上の温度差がありました。
これは手で生地の表面を触るだけで、その温度差が十分にわかるレベルです。

さて内側に忍ばせておいた温度計の方は、

2010.6.17-13.jpg 2010.6.17-14.jpg

とやはり『COOL EFFECT』の内側の方が、『4度低い』とう結果がでました。

『COOL EFFECT』、内・外共に温度を下げています。

ゼニアの発表を疑っていた訳ではありませんが(笑)、こうして実際に実験してみると、胸がスゥーっとしました。
確かめてもいないものを「ゼニアはこう言っています・・・」なんてお客様にご説明していましたので、何だか気持ちが悪かったのです。

スッキリしてよかったです(笑)。

次回のブログでは、『COOL EFFECT』スーツの下に、シャツ生地『COOL MAX』と『ICE COTTON』を着比べて、このコンビでどう感じるかレポートしてみたいと思います。

お楽しみに

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年05月11日

2010春夏人気素材 &『第2回 ブログ de クイズ』第1問目!!

春物の立ち上がり時期に、「今年は『モヘア混の生地』が人気があります!!」 とご紹介させていただきました。

あれから2ヶ月ほど経ちましたが、当店の人気素材を振り返ってみました。

・傾向その1:『モヘア混の生地』は継続して人気があります。
・傾向その2:光沢のある素材(シルク混など)が人気があります。
・傾向その3:ウール100%素材では、ゼニアの『クール・エフェクト』が断トツの人気です!
・傾向その4:マーチンソンの『2ply』、こちらも人気が高いです。

そして今日は、先日ご注文をいただきました、『マーチンソン 2ply Wool/100% 280g/m』をご紹介させていただきたいと思います。

ベタの紺地ではなく、微妙に濃淡があり、何とも味のある色です!

2010.5.11-1.jpg 2010.5.11-2.jpg

『ハリ・コシ・ガッツリ』系の素材は大好きだけれど、「さすがに『マーチンソン 450g/m 3ply』は夏場きつそうだなぁ・・・」と二の足を踏んでおられるお客様に、「この生地はいかがですか?」とおすすめさせていただいております。
『450g/m 3ply』の雰囲気を残しつつ、より夏場まで引っ張れます!!

当店の人気素材のご紹介でした。


お待たせいたしました。

『第2回 ブログ de クイズ 』を本日のブログよりスタートさせていただきます。
(やるそ!と言ってから時間がたってしまいました・・・スイマセン)

今日は初日ですので、やさしい問題から始めますね!

それでは第1問目を出題させていただきます。
三択です!答えを一つ選んで下さい。

ーー問題1ーー
「昨年プレタで話題となり、今年鳴り物入りでオーダー生地に登場しました、『エルメネジルド・ゼニア』社の生地表面温度を10度下げる効果があるとされている、夏用の生地シリーズの名前は何と言うでしょうか?」

 1. 『COOL EFFECT(クール・エフェクト)』
 2. 『COOL MAX(クール・マックス)』
 3. 『COOL BIZ(クール・ビズ)』

のうちどれでしょうか? 答えを1つ番号でお選び下さい。

ヒント:ブログで何度かご紹介させていただいています(今日もかな?)。

【ちょっと豆知識】
生地の表面温度を10度下げる効果があるとされている『エルメネジルド・ゼニア』社のこの生地は、生地に特殊加工をして紫外線を反射させているそうです。この加工技術を持つ工場と『ゼニア』との契約が3年間となっており、来年(2011年春夏)までとなります。それ以降は他の生地メーカーも同等の加工をした生地を打ち出してくると思われます。ちょうど『ゼニア』が『マイクロンスフィアー』という撥水性のある生地を打ち出してきた時のように・・・。
私的には「20度くらい下げてくれる生地を開発してくれないかなぁ」と思っておりますが(笑)。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年04月18日

ストレッチ・コットンご紹介!!

今日は、SONDRIO(ソンドリオ)社のストレッチ・コットンをご紹介させていただきたいと思います。

素材はCOTTON 97%/LYCRA 3%で、10色展開になっています。
ライクラが3%入っているだけで、ほんとこれが結構伸びるんです!
(ビヨーンと伸びますよ・・・笑)

2010.4.18-1.jpg

タイトなパンツなど、その『のびのび効果』を実感していただけると思います。

見た目には普通の綿素材ですが、ここ一番の時にビヨーンと伸びてくれます(笑)

当店のス・ミズーラでパンツのお仕立て上がりが¥28,350からとなっております。

『伸びて安心・快適!ストレッチ・コットン』でタイトパンツなどいかがでしょうか(笑)。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 14:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年03月16日

モヘア混素材ご紹介!!

今日は、前回のブログに引き続きモヘア混素材を3点ご紹介させていただきたいと思います。
(紺・グレー系の無地にしぼってご紹介させていただきます)


Tailor & Lodge(テーラー&ロッジ)
70% Super 100's Wool & 30% Summer Kid Mohair 235g/m

3.16-1.jpg

Scabal(スキャバル)
70% Super 100's Wool & 30% Kid Mohair 240g/m

3.16-2.jpg

Harrisons(ハリソンズ) : SUMMER CAPE KID
60% Summer Kid Mohair & 40% Super 100's Wool 240g/m

3.16-3.jpg

ハリソンズはずらりとグラデーションになっています。圧巻です!

どちらも似たコンポジションですが、触ってみると少しづつ感じが違います。
無地の素材を、微妙な色の違いや風合いの違いで選ぶのは、ほんと迷ってしまします。
迷い始めると段々わからなくなってきますので(笑)、そんな時は日を変えて仕切り直した方がいいように思います。

迷うのも楽しいものですので、皆さんも迷ってみませんか(笑)?

かつ店

PS : 第2回目の”ブログ de クイズを” 近いうちにやろうかなと考えています。
こちらもお楽しみに!!
posted by Tailor KATSURA at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 生地紹介

2010年03月14日

今年の傾向!!

暖かくなったり、寒さが戻ったり、皆さんご体調を崩されていませんでしょうか?

私の家の近所では桜が咲いてしまったりしています。と思ったら六甲山が雪化粧したり・・・。

徐々に徐々に春に向かっていってくれるのが、体調にも商売的にもよろしいようで(笑)。

さて店内はすでに春夏素材に変わっておりますが、今日は立ち上がりのこの時期の、当店で人気の素材についてお話しさせていただきたいと思います。

いくつかの傾向はあるのですが、『モヘア混の生地』人気があります!!

『モヘア混の生地』といえば、その独特の光沢感などから”おっちゃんスーツ”の代名詞みたいなところもありましたが(笑)、いえいえ今年は若い方に人気があります!

モヘア混素材の ”張りコシ・光沢感” が若い方にはとても新鮮なのだと思います。

とは言っても、おっちゃんスタイルに仕立ててしまいますと、従来型の”おっちゃんスーツ”になってしますので、そこはカッコ良く仕立てなければいけません(笑)。

今日は、William Halstead(ウィリアム・ハルステッド/英国)の生地をご紹介させていただきます。

2010.3.1-1.jpg 2010.3.1-2.jpg

2010.3.1-3.jpg 2010.3.1-4.jpg

KID MOHAIR 60% / WOOL 40% 240/260g/mです。

どうですか? ギラッとしていますでしょ、張りコシ感が画像からも見て取れるのではないでしょうか(笑)。

今年のウィリアム・ハルステッドのこのシリーズは、NANO Waterproof加工(=撥水加工)が施されていて、ちょっぴりお得感があります(笑)。

モヘア混素材をお考えのお客様にワンポイントアドバイス!!

モヘア混の生地は、触った感じからとても強そうな感じがするのですが、実は特別に強いというわけではありません。逆に摩擦には弱いので、自転車を乗る機会が多い方などは要注意です。またパンツの折り目を常にしっかりプレスされる方も注意が必要です。あまりプレスを強くかけ過ぎると折り目から痛んできます。
ただTONIKなどの重量級クラスになると話は別ですが(笑)。

ご参考までに。

かつ店
posted by Tailor KATSURA at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介